薄毛治療のためのシャンプー

img-1

薄毛治療の効果を高めるためには、正しいシャンプーが重要になります。

正しく洗うことで、薄毛治療の効果を高め、薄毛予防にもつながります。



薄毛治療のためのシャンプーでは、頭を洗う前に髪と頭皮をしっかりとお湯で濡らします。


しっかりとお湯で濡らしておくことで、頭皮についていたゴミやホコリを落とすことができ、髪の絡まりの予防にもつながります。



この時のお湯の温度は、35℃くらいが適温とされています。



皮脂が多い場合には、少し高めの37℃くらいで流すことです。
使用するシャンプーは、ノンシリコンでアミノ酸系の洗浄剤を使うことです。


合成石油系の洗浄剤は、頭皮への刺激が強く、洗い残しなどがあると抜け毛を誘発することがあるため、髪の栄養の元になっているアミノ酸由来の洗浄剤が配合されているタイプを選ぶようにします。



シャンプーは、手で泡立ててから頭に乗せることがポイントです。



直付けすると洗い残しが多くなり、泡立てる際の摩擦により抜け毛を引き起こす可能性があるからです。



洗う順番馬は、毛量の多い後頭部から側頭部にかけてから洗い始めるようにし、徐々に頭頂部、生え際と洗っていきます。
弱い髪の多い頭頂部や生え際部分を優しい泡で洗うためには、洗う順番を守ることです。



洗い終わったらしっかりとぬるま湯で流すようにします。


頭皮に洗浄成分が残ると頭皮にダメージを与え、抜け毛を誘発する可能性があります。



そのため、35℃程度のぬるま湯で丁寧に洗い流すようにします。

関連リンク

img-2
シャンプーで薄毛治療

薄毛は髪の毛が抜けてしまったり、髪のボリュームがなくなってくることで起こります。これはホルモンバランスなども影響があることから年齢とともに抜け毛が多くなってきたり、髪の毛が細くなってくることは仕方がないことです。...

more
img-2
薄毛治療に役立つシャンプーの仕方

薄毛治療対策の一環として、頭皮に優しいシャンプーなどが近年注目されています。シャンプーをする目的は、余分な皮脂を洗い流すことですが、一般的なシャンプーはその効果が強いせいか必要な皮脂まで洗い流してしまい、余計に頭皮に良くない状態を生んでしまいますので、薄毛が気になる方は頭皮のケアをしてくれるタイプのものを選びましょう。...

more
top